moveisイメージ
HOMEへ映画TOPへ旅行へグルメへ壁紙へ音楽へ写真へリンクへ掲示板へetc

 


映画
親切なクムジャさん

image image

ジャンル:サスペンス、ミステリー、ドラマ
監督:パク・チャヌク
出演:イ・ヨンエ 、チェ・ミンシク 、クォン・イェヨン 、オ・ダルス 、キム・シフ
日本公開:2005年
制作国: 韓国
評価:★★★★

image

icon ストーリー

20歳の時からクムジャ(イ・ヨンエ)は、子供を誘拐し殺した罪で13年の刑に服していた。
刑務所の中で 囚人の悩みを聞いては、その悩みを解決し、やがてクムジャは囚人の中から自然に「親切なクムジャさん」と呼ばれるようになる。
やがて13年の時が経ち、出所するとそれまでの天使のような顔は消え去り、赤いアイシャドーを塗り、まるで違う女のように変貌し周囲を驚かせた。
彼女はある事情で、無実の罪を背負っていたのだった。
刑務所にいた13年間の間、彼女にその罪を着せたある男に復讐を計画し、やっとそれを果たすときがやってきたのだった・・・。

 
icon 感想

監督であるパク・チャヌクは「JSA」や「オールド・ボーイ」のヒットなどで名を馳せた監督を代表する監督の一人であり、両作品とも私のお気に入りの韓国映画作品である。

この作品を観る前は、主演があの人気TVドラマ「チャングムの誓い」のイ・ヨンエと言うぐらいしか知識はなく、おもしろいのかな?と言うぐらいの軽い気持ちで鑑賞。
しかし観始めてすぐ、その映像やブラックユーモアが効いたストーリー構成、映画全体に漂う空気があの「オールド・ボーイ」に似ているなとまず思った。
鑑賞後、早速調べるとやはり同じ監督であった!!
パク・チャヌク 監督作品「復讐者に憐れみを、「オールド・ボーイ」そしてこの「親切なクジャムさん」は復讐三部作の最後を飾る作品である。
まさにその最後を飾るに相応しい、見ごたえがある作品であった。
「親切なクムジャさん」と言うタイトルからは到底想像できないほど、奥が深い作品であるのだ。

クムジャが出所して、真っ赤なアイシャドウをその美しい瞳に塗り周囲を驚かせる。
何故と問われたとき、「親切そうだって言われるから」と答える。
そう、イ・ヨンエの素顔は、どう演技を施してもその透明感溢れる美しさから到底悪女にはなりきれない。
誘拐の罪で逮捕されたとき、メディアでは天使の顔をした悪魔と呼ばれ、そして刑務所では皆に「親切なクムジャム」さんと呼ばれていた。

しかし自由の身になった今、人生で一番素晴らしく美しい20代を牢獄で過ごし、二度と戻らない13年間への復讐を遂げる為には「天使のような」、「親切な」と言う形容詞はもう必要ない。
そして、ラストで復讐を遂げたとき、そっとその瞼を覆った毒々しいまでの赤のアイシャドウを拭うクジャムの姿は、本来の天使の顔に戻っていた。

そしてこの映画で一番印象に残っているのは復讐を遂げるシーンである。
銃で一発で殺してしまっては、あまりにもあっけない。
映画ではそんな復讐のシーンが多い。
この映画では、相手に極限までの恐怖を与え、その男の罪を憎む人々に復讐と言う機会を分かち合うのだ。
残虐とも言えるシーンだが、直接そのシーンを映像としてはいないので、目を背けることもないだろう。
ブラックユーモア的な感覚で描いているところが、私としてはとても好感が持てた。
これ以上詳しくここで述べてしまうと映画の楽しみが半減してしまうので、これ以上は語らないことにしよう。

そしてこの映画で一番感じたことは、復讐とは・・・なんとむなしいものなんだろうということである。
復讐を遂げても、失われた時はもう二度と戻らない。
クムジャムもそれを痛々しいまでに実感していただろう。
しかし、クムジャムはそれを成さずにはいられない。
あまりにも実直なその性格ゆえ・・・。

復讐劇と言うと、ともすれば暗くなりがちであるが、決して重々しい雰囲気で描いてはいない。
上記の復讐のシーンですら、思わずにやりと笑みを浮かべてしまうような描き方である。
ところどころに笑いをちりばめ、現実と妄想の世界を行き来しているような不思議な感覚が溢れている作品であった。

more Homeへ(映画コーナーには、日本公開前の作品プレビュー多数あります。)

icon 近日公開作

 

 

menu


Copyright c 2008 The Gothic. All rights reserved.