moveisイメージ
HOMEへ映画TOPへ旅行へグルメへ壁紙へ音楽へ写真へリンクへ掲示板へetc

 


映画
ヒストリー・オブ・ヴァイオレンス − A History Of Violence

image image

ジャンル:バイオレンス、サスペンス
監督:デイヴィッド・クローネンバーグ
出演:ヴィゴ・モーテンセンエド・ハリスウィリアム・ハート
日本公開: 2005年
製作国:アメリカ
評価:★★★

image

icon ストーリー
田舎町で、トム・スタール(ヴィゴ・モーテンセン)は、小さなダイナーを営んでいた。
法律家の妻(マリア・ベロ)と子供2人の家庭を築き、平凡だが幸せな人生を送っていた。
だが、ある日突然、彼のダイナーに強盗が押し入った。
彼は鮮やかな手つきで強盗を倒し、客と店を守った。
小さな町でのこの事件は注目を浴び、彼は一躍ヒーローに祭り上げられてしまう。
そんなトムのもとに、謎めいた男(エド・ハリス)が訪れる。
その男はトムが殺し屋であった過去を知っていて、彼を脅しにかかるのだった。
何も知らなかったトムの家族は、その謎の過去に怯えながらも、彼と共に事件へと立ち向かっていく。
 
icon 感想

この作品は、「シンシティ」などと同様、アメリカのコミックが原作である。
しかし「シンシティ」がどこまでもコミックの世界を意識し追求したのに対し、こちらはあくまで現実世界を描いている。

タイトルの『バイオレンス=暴力』と言うとおり、暴力描写、特に拳銃で撃たれた後の状態など、今までのバイオレンス映画よりもリアルであり、ホラーファンなら喜ぶところであろうが、苦手な方はそれなりに気分を害することもあるだろう。
銃で撃たれた後の傷が妙にリアルであり、たかが銃傷・・されど銃傷・・・こんなリアルで気持ち悪い銃傷を見たのは初めてである。

監督は、『ザ・フライ』『ザ・クラッシュ』『イグジステンス』など、カルト的な作品に熱烈なファンがいるあのデイヴィッド・クローネンバーグである。

物語はありがちな話だが、やはりクローネンバーグの作品、やはり一筋縄ではいかない。
一見健全にストレートにストーリーが展開しているように見えるのだが、どこか捻じ曲がっているのだ。
銃傷についてもそうだし、ラストの迎え方など、やはり一種特有であり、なんとも煮え切らない暗さが漂っていた。

面白くないとは言わないのだが、手放しで傑作だといえるような作品でもない。
アメリカでもこれだけのキャスト、監督の作品ながら、評価は、動員はいまいちであったようだ。

観終わってから、エンドロールで初めて気がついたのだが、ウィリアム・ハートがまるで別人のようでびっくりしてしまった。
以前より肉がつき、貫禄が増したようだ。
一癖ある役を難なくこなし演じる彼は、やはり幅の広いいい役者である。

more Homeへ(映画コーナーには、日本公開前の作品プレビュー多数あります。)

icon 近日公開作

 

 

menu


Copyright c 2008 The Gothic. All rights reserved.