moveisイメージ
HOMEへ映画TOPへ旅行へグルメへ壁紙へ音楽へ写真へリンクへ掲示板へetc

 


映画
スケルトン・キー  − The Skeleton Key

スケルトン・キー image

ジャンル:ミステリー、ホラー
監督: イアン・ソフトリー
出演: ケイト・ハドソンジーナ・ローランズ、ジョン・ハート他
製作国:アメリカ
日本公開:東京国際ファンタスティック映画祭2005のみ上映
評価:★★★☆

image

icon ストーリー

ルイジアナ州ニュー・オリンズ。
看護士のキャロライン(ケイト・ハドソン)は、新聞の求人欄で見つけた職を得るため、片田舎の広大な古い屋敷に出向いた。
その屋敷には、老婦人のヴァイオレット(ジーナ・ローランズ)と脳梗塞で全く身動きができなくなってしまった夫のベン(ジョン・ハート)が2人きりで住んでいた。

南部出身でないキャロラインに難色を示すヴァイオレットたっだが、夫婦の弁護士ルーク(ピーター・サースガード)の説得で、キャロラインは屋敷に迎え入れられることに。

こうしてベンの介護を始めてほどなくして、キャロラインはバイオレットから全ての部屋を開けられる合鍵をもらう。
ある日、ヴァイオレットに頼まれた庭に植える花の種を取りに2階へ登った彼女は、偶然ほこりだらけの屋根裏部屋を見つける。
さらに、そこには合鍵でも開けられない扉があった。
その後、彼女のまわりで次々と不思議なことが起こり始め、ベンは「この家から逃げたい」とキャロラインに密かに助けを求める。
やがて、この地方で古くから言い伝えられている “フードゥー”という呪術の存在と、その使い手で昔この家で働いていた男女が、訳あって家主に殺されていたことを知るキャロライン。
信じるものに効力を発揮する“フードゥー”や、この家の秘密が明らかになったとき、キャロラインを待っていた驚愕と恐怖の真実とは。。。?


 
icon 感想

この映画は、ミステリー・ホラーであり、血が流れることは一切ないし、幽霊も出てこない。

タイトルの『スケルトンキー』とは、ひとつですべての部屋を開ける事の出来るキーと言う意味であり、この物語では、屋敷に住み込むことになったキャロラインに、老婦人から渡されるのがこのスケルトンキーである。

そして、この物語の主軸となるのは、フードゥ教と言う呪術である。
フードゥー(hoodoo)とは、ゾンビ映画などでおなじみの死者を蘇らせることで知られる「ブードゥ教」を起源にした、ニューオリンズの黒人達独自の呪術である。

この映画は、2つの大きな展開がある。
ひとつは、ヒロインであるキャロライン(ケイト・ハドソン)が、フードゥと言う呪術の存在を知り、その根源となる邪悪な者たちとの対決。
そして、その展開で終わると思いきや、ラストにとんでもないどんでん返しがあるのだ!!
そのラストまで行く付くまでの過程は、先が見える展開であり、平凡ともいえる。
私もその段階までは「あぁ、たいした映画ではないな」と感じていた。
しかし、最後の最後に全く意表をつく真実を明かされ、その衝撃的とも言える内容には皆驚愕することであろう。

そして、観客は物語の最初から、ストーリーを回想し、その中で新たな発見をするのだ。
あの場面は「こうではなくて、ああだったんだ!!」と。
真実を知る前には何気ない場面でも、そのベールが剥がされた後には、全く意味の違う場面に変わってくる。
後半まで観客はあっさりとだまされてしまうのである。

平凡な展開で観客を欺き、ラストでそれを覆すような衝撃な展開。
あぁ〜してやられた!!と思わずうなってしまった。
そして、真実を知った時、始めてこの映画の奥深さを知ることになると同時に真の『恐怖』を味わうのである。

キャストは、ゴールデン・ホーンの娘であり、ゴールングローブ賞助演女優賞の受賞経験、アカデミー賞ノミネート経験もある若き実力派『ケイト・ハドソン』、そして老婦人演ずるのが、あの初演『グロリア』でカッコイイ女を演じた『ジーナ・ガーランド』。
しかし、ここにはあの『カッコイイ女』のイメージは欠片もなく、中年太りのただの年老いたおばあさんであり、後でキャスト名を知って、これこそまさしく驚愕してしまった。

カッコイイグロリアも年を取れば、ただの婆か・・・。
しかし、演技はさらに円熟さを増し、味があることこのうえない存在感であった。

ラストの事実を知って明らかになる事実を、最初から振り返ってみようと思う。
まだ未鑑賞の方は、見ないように!!
以下はネタばれになるので、ドラッグしてご覧になって頂きたい。
******************************************
黒人の呪術師の男女は、死んだと思われたが、実は幼い兄弟と儀式によって体を入れ替え、実際に火あぶりにされたのは、子供たち。
窓から火あぶりの様を見送る、彼ら。

黒人の呪術師 ママセシーラ = 人の体を乗っ取り、永遠の命を得る・・・幼い兄弟の妹→老婦人→キャロライン
黒人の呪術師 パパジョセファー=幼い兄弟の兄→老人→弁護士ルーク
老人=実は体を乗っ取られ、年老いた老人の体へと入れ替えられた本物の弁護士ルークであった。

体を乗っ取るには、その乗っ取る相手がどれだけ呪術を信じるかがキーである。
昨今の若者は、そのような呪術を否定し、受け入れない為、呪術師である二人も苦労し、やっと6人目のキャロラインによって、それを達成する。

ラストで振り返ってみると、何気ない場面でも実に恐ろしく、ぞっとする物語である。

******************************************


more Homeへ(映画コーナーには、日本公開前の作品プレビュー多数あります。)

icon 近日公開作

 

 

menu


Copyright c 2008 The Gothic. All rights reserved.